コロナ対策
体調管理の情報共有

予防軽度回復のために必要なことをまとめました。

私が調べていく中で見つけた情報を共有します。
データやロジックに基づいて医師や専門家が発信情報してる情報などから

確実性・信憑性が高そうなものを選んで共有しています。


ただ、未知のウイルスなのでその効果を補償するものではありませんので
自己判断で参考にしてください。

 

① 睡眠をよくとる
軽度で回復するためにも予防にも大事といわれています

 

② 無理しない
重症化してる人は、熱があるのに出張・旅行・残業してるケースが多い

 

③うがいする
帰宅時だけでなく気になれば気軽に。うがい薬やお茶で

 

④こまめに水分補給
口内を潤すと感染しにくくなるそうです


⑤加湿

ウイルスは湿度に弱い


⑥定期的に部屋の換気
予防にも治療にもいいとされています。(ウイルス濃度を下げるため


⑦体を冷やさず温かく

暖房だけでなくガウンを着たり、体が温まる食べ物を食べるなど


⑧ビタミンC摂取
賛否ありますが、柑橘系果物の免疫力UPを個人的に採用


⑨コートは部屋に入れず玄関に

できればスプレー消毒


⑩手洗いは家でも頻繁に

帰宅時、食事前、トイレ後だけでなく、気になったらこまめに


⑪外出時、エアジェットタオルを使わない
風圧で菌が飛び散る


⑫深酒しない

感染リスクを高める


⑬喫煙を控える

肺炎が重症化しやすい


⑭食べすぎ注意

胃腸に負担を与えると免疫力を阻害するそうです


⑮マスクは必須
使い捨てが手に入らなくても、布製でも自作でもしましょう

のどの湿度を保つ・人にうつす危険を減らす
(自分が無自覚保菌者である可能性もあります)

※布製の場合は毎日煮沸消毒


⑯軽い運動

免疫力向上のため。散歩など人と接触しないものが良いかと思います
※注 熱があるときや具合が悪い時に出歩くのは逆効果

 

⑰除菌
アルコール、次亜塩素酸水

 

⑱お風呂に入る
体を温めるだけでなく、体に付着した菌を洗い流す効果があります
※ただし、熱がある時は避ける、長湯しない、湯上りに体を冷やさない

 
 

 

⑲眼鏡をする
外出時は伊達眼鏡でもいいので眼鏡をしましょう。

 

⑳トイレのフタは閉めて流す
排泄物にはウイルスがおり、流水時に空中に飛散するのを防ぎます

 

 + α
咳が出たら、長引かせないためにも市販薬(咳止め系)を早めに飲む
咳が続くと気管支がどんどん炎症していきます。
とはいえ、軽度(高熱でない・呼吸困難でない)で混んでる病院に行くのも
逆に感染リスクが余計高まります。
(武漢も不安に駆られた人が病院へ大挙して感染拡大の一因になりました)

なので、軽度なら市販薬で様子を見るのも1つの方法かと。
市販でもいい薬があるので。
どのみち病院でも、軽度は、咳や熱を抑える風邪薬が処方のようですし。

☝これは、あくまで個人的見解です。でもお医者様も同じことを言ってる方が何人もいるのであえて追記しました。
状況に応じ自己判断で参考にしてください

 

風邪やインフル予防に共通することも多いですが
徹底して取り組む心がけが必要なようです。

ウイルスは既にあるモノという気持ちで
体内に入れないよう、軽度ですむよう、できることをがんばりましょう。

安心できる生活を早く取り戻したいものですね。

また、良い共有情報があれば追加します。

©2017 Kumiko Shimoyama
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載、無断使用、まとめサイトへの引用やページ複製も固く禁じます。